ゼニカルの副作用で一緒に飲んではいけない薬

ゼニカルの副作用で一緒に飲んではいけない薬

ゼニカルは、アメリカの食品医薬局FDAのほか、世界17ヶ国もの公的機関から認可を受けた医薬品です。

注意点として一緒に飲んではいけない薬も存在してることに留意することが挙げられます。

服用時には取扱説明書にしたがって、用法用量を正しく守る必要があります。

しかし、副作用が発生する可能性があります。下痢やビタミン不足に伴う頭痛やめまい、吐き気などがあります。これらは一過性のものであり、多くのケースで改善されます。

その一方で、重篤な症状になる能性があるのが肝臓や腎臓の疾患、胆石症などがあります。

一般的には、ゼニカルが原因で発生する確率はごく僅かです。もともと内臓に疾患を持っている方は、細心の注意が必要です。

その中でも、甲状腺治療薬や抗てんかん薬、抗血栓薬は飲み合わせが悪いです。

これらのお薬を常用している場合にはゼニカルの服用は避けましょう。

どうしても併用したい場合は医師に相談するのがおすすめです。

服用してみて調子が悪くなり、生理不順や肌荒れなどに苦しむことになった場合には、服用を中止しましょう。

直ぐに病院に行って医師の診察を受けるのです。

気になるゼニカルの副作用は事前に知っておく

ゼニカルの副作用は、多くの医薬品と比較しても事前に知ることで、対処が可能です。

あらかじめ知識を持っておけば安心して過ごすことができます。

ゼニカルの副作用で最も多いのが、排泄時の放屁、便意です。また、それに伴う腹痛が臨床試験の結果となっています。

放屁については、事前に予兆が分かることから、早めにトイレや誰もいない部屋に移動して対処しましょう。

その一方で、突然の便意は自身ではコントロールできません。お仕事中や移動中に発生した場合には、対応できないのです。大人用紙おむつなどで対処する必要もあります。

多くの副作用は、あくまでも服用から3ヶ月程度の一過性のものです。いずれも改善の方向へと向かいます。

気をつけなくてはならないのは、腎臓や肝臓の疾患、胆石症などがあります。

万が一症状が長期化したり深刻になった場合は、直ちにゼニカルの服用をやめましょう。

医師に相談するのがおすすめです。